お洒落な占い師

改正に対応する

狛犬と神社

相続税の改正で変わったこと

平成27年1月より、相続税の改正が施行されました。この改正のポイントは、基礎控除額が縮小されたこと。それに伴い課税対象者が増えることになりました。 これまでの基礎控除額は、5、000万円に法定相続人一人につき1、000万円の計算でした。が、改正により、5,000万円が3,000万円に。1,000万円が600万円にと、大幅に縮小されたのです。 そこで、これまでなら基礎控除内のために課税されなかったような遺産金額にも、相続税の納付が必要になったのです。いざ相続税の納付をとなっても、金額が大きいため遺族にとっては大変な負担になります。 そのため、いざという時のために相続税についての対策を早めに考えておくことが必要です。

いざその時に困らないためには

何事も早めの準備が肝心ですが、相続税対策についてもその通りです。遺産相続の時点で、基礎控除額を超える遺産がある場合は、相続税が課税されます。 そこで、相続前に贈与などで遺産額を減らしていく方法も考えられます。贈与の場合、贈与を受ける人一人当たり年100万円の基礎控除があります。これを利用して、長い期間に遺産額を子や孫等に移していくことが出来ます。 また、子や孫などに対する教育資金に限定した贈与も近年話題になりました。この場合だと、贈与を受ける親族、一人当たり1,500万円までが非課税になります。このように、いざという時に相続税の納付で頭を痛めないようにするには、早め早めの準備が必要になってきます。

Copyright © 2015 遺産相続、会社清算などお金のことを相談できる専門家. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com